仏壇・仏具の修理・洗浄

仏壇・仏具のメンテナンスはお任せください

仏壇・仏具のメンテナンスはお任せください

福岡・熊本の浄美堂は、福岡・熊本エリアを対象に仏壇・仏具のメンテナンス・クリーニングを承って600件以上。豊富な実績が多くの方に支持されています。こちらでは、当社の仏壇・仏具の修理・修復・洗浄サービスについてご案内します。

仏壇・仏具の修理・修復・洗浄(クリーニング)

仏壇は代々受け継がれ使われるもの。それだけに、長い間使われることで以下のようなリスクがあります。

仏壇・仏具の修理・修復・洗浄(クリーニング)
仏壇・仏具の修理・修復・洗浄(クリーニング)02

・ホコリの堆積(たいせき)
・線香やろうそくによるススの付着
・金属部分のサビやくすみ
・掃除をした際などにつくキズ
・害虫などによる障子や彫刻の破損
・金箔の剥離
・漆の剥離、ツヤの低下

大切なお仏壇を見違えるような美しさに

こうした仏壇の劣化・損傷は、見た目だけでなく、扉の開閉などの機能性にも影響を与えます。大切なご先祖様や故人を祀る仏壇を美しく機能的に維持するためには、定期的なメンテナンスは欠かせません。

当社がご提案するのは、仏壇の修理・修復・洗浄サービス。豊富な実績を持つ熟練の職人による施工で、新品同様の輝きを取り戻します。もちろん、金仏壇唐木(黒檀・紫檀)仏壇の両方に対応。仏像の修復も承ります。

作業の流れ

仏壇・仏像の修理・修復・洗浄サービスの流れとご紹介します。

  • 金仏壇
  • 唐木仏壇
  • 仏像
金仏壇
STEP.01解体

仏壇を大戸や障子、天井、欄間、背板、宮殿、柱などに部品ごとに解体していきます。この作業により、細部まで洗浄・修理ができるようになります。

STEP.02金具外し

一つひとつ丁寧に釘を抜き、金具を外します。金具にキズがつかないよう、外す作業はすべて手作業で行います。

STEP.02 金具外し01

STEP.02 金具外し02

STEP.02 金具外し03

STEP.03金箔洗浄

お仏壇にたまったホコリなどを専用の刷毛で払い落とし、その後付着した汚れを特許取得済みの「泡洗浄」という工法で洗い流します。揮発性が高いため、木部を傷めません。

STEP.04漆など黒い部分磨き

お仏壇に合わせて、研磨剤・洗剤を用いて漆など黒い部分の表面を磨きます。付着したお線香のススやろうそくの油煙などの汚れを取り除き、本来のツヤを取り戻します。傷みがひどい場合や、キズが多い場合は補修や塗り直しを行います。

STEP.05修理・補修

キズや汚れの付着、虫食い、彫刻の破損、木地の反りなどが起きた仏壇の見栄えをよくするため、修理・補修を行います。目立ったキズや凹みは、漆などを剥がし、下地材や地の粉などで仕上げます。状態に合わせて、最適な方法で作業していきます。

STEP.06金箔箔押し

洗浄後に、剥がれている所や汚れが落ちなかった箇所などを、注意して確認しながら金箔を貼っていきます。

STEP.07紗(しゃ)の貼替え

線香のススで茶色くくすんだり、破れたりした紗の貼替えを行います。新しい紗に貼り替えただけでお仏壇がぐっと明るくなります。また、障子の組子が折れたり劣化したりしている場合は、新たに制作します。

STEP.07 紗(しゃ)の貼替え

STEP.08金具取り付け

金メッキを施した金具を、漆などの部品や金箔を貼った部品などに取り付けていきます。この際に使用する釘も、金メッキや色付けを施したものを用います。

STEP.09組み立て

きれいにした各部品を、丁寧に組み立てていきます。すべて組み立てた後に最終チェックを行います。

STEP.10納品

仏間にお仏壇を納め、仏具の装飾と配線を行います。お客様に確認していただき、問題がなければ完了となります。

  • 金仏壇
  • 唐木仏壇
唐木仏壇
STEP.01解体

扉や障子など部品ごとに解体していきます。金仏壇と違い、唐木仏壇の多くは解体することを前提につくられていないため、金仏壇ほど細かくは解体できない場合もありますが、できる限り解体します。

STEP.02洗浄

お仏壇にたまったホコリなどを専用の刷毛で払いおとし、その後「泡洗浄」で汚れを落とし、ツヤを出します。

STEP.03金紙貼替え

唐木仏壇の背板の金の部分は、お仏壇専用の金の紙を使用しています。この金紙が汚れていると、いくら木部を洗浄しても仏壇全体が暗く見え、汚れた感じがしてしまうため、金紙の交換はとても重要な作業です。高度な技術で、シワができないよう丁寧に貼り替えていきます。

STEP.04紗(しゃ)の貼替え

線香のススで茶色くくすんだり、破れたりした紗の貼替えを行います。新しい紗に貼り替えただけでお仏壇がぐっと明るくなります。また、障子の組子が折れたり劣化したりしている場合は、新たに制作します。

STEP.05納品

仏間にお仏壇に納め、仏具の装飾と配線を行います。お客様に確認していただき、問題がなければ完了となります。

仏像
STEP.01状況把握

木造 弘法大師像修復。高さ2尺3寸(約70cm)100年が経過していると推測。色をあわせて下地からの割れや剥がれが著しい。お念珠もなくなっている。

STEP.01状況把握

arrow

STEP.02修理

最初に大きな割れや剥がれている部分をパテで埋めます。小さな傷や割れを整え、塗料を落としいきます。

STEP.02修理

arrow

STEP.03下地

下地を施し、ヤスリで木地を整える作業を繰り返します。この2と3の作業は重要で彩色の仕上や耐久性が変わります。

STEP.03 下地

arrow

STEP.04彩色

失敗の出来ない作業となります。彩色、金箔押しを施します。お念珠もにぎっていただきました。

STEP.04彩色

仏壇・仏具のことは当社にお任せください

浄美堂は、さまざまな仏壇・仏具を対象に、修理・修復・洗浄を承るメンテナンス会社。経年・環境による汚れや破損、事故によるキズなど、さまざまな事例に対応いたします。仏壇・仏具の状態でお悩みでしたら、お気軽に当社までご相談ください。

「匠の技術」による納得の仕上がり仏壇・仏具の修理・修復・洗浄は浄美堂にご相談ください。

「匠の技術」による納得の仕上がり仏壇・仏具の修理・修復・洗浄は浄美堂にご相談ください。